風の時代に突入!より意識して思考するべきこと。特に大切な5選

風の時代に入りましたね。

私はとっても楽しみにしていました。

 

地の時代は

・疑問に感じていても、違和感があっても続けなければいけない状況。。etc…

・見た目で判断され、辛い思いをしたことも多々あり。。

地の時代は本当に生きにくかったな。。ほんとに。。

私と同じような方も多いのではないでしょうか・

 

『風の時代に入りましたー!』

とはいっても舞台のように

激的ににいきなりガラッと変わるわけではもちろんなく、

ゆっくり移行中だと意識して生活することが大切です。

 

こちらの記事にたどり着いてくれた方たちは

風の時代だともちろん意識していますね。

多少は軽ろやかになり、実感できていますでしょうか。。

 

並木良和さんはじめたくさんの方が

「風の時代にやるべきことと」

Youtube等のSNSで発信されてますね。

内容はみなさん同じようなことだと思います。

 

改めて

【何に重点を置いて生活をしていったらよいか】

簡単にまとめました。

 

新しいバージョンに切り替える

多少重いのは当たり前

地の時代から風の時代の移行期間

重いものには意識を向けず

軽やかに先のみらいに目を向けよう。

風の時代に入ったからこそ

風の時代の今、常に意識すること

苦手と思わなくて良い

・苦手な事なんてない!

と思い込むこと(できなくたっていいから)

・不得意なことをしないといけない時

・嫌いな人にどうしても関わらないといけない時

ネガティブ思考は存在はしてるかもしれないけど無視して

私は何を思っても感じても結局は大丈夫な人

と認定を自分してあげること。

自分で選びたいことを選ぶ

自分軸ってこと。だね。

風の時代は自分軸がよりやりやすくなるように願うばかり。

『自分が全て選択している』

という意識を持つ。

 

好きな事・やりたい事の行動はもちろん自分が選択してやってるよー

っていう意識は持ちやすいと思うんだけど、

 

自分の気分の選択も自分でするってこと

と意識しましょう。

 

誰かに何か言われてむかついたって

【むかついた意識を持つっていう選択を自分がしてる】

って思うとちょっと楽になるから不思議。

初めは違和感あったけど、だいぶ私は慣れてきました。

なので

怒りを重複させることなくいなくなることに成功してます。

何かを渋々してあげないといけない時も

【気乗りはしてないけど優しい私がやってあげるという選択をした】

と意識をするんだよね。

 

受け身で腹が立つことが多い人はやってみる価値あるよ。

イライラいてる自分を選択してるのは自分!ってね。

やりたくないことはやらない

避けれることは避ける!

・断れない

・いい人でいたい

といった他人のために自分を犠牲にする意識はもう必要ありません。

不必要は気遣いは自分をいじめていること

 

【自分がやりたいと思ったことだけ気分よくやる!】

のがいいのは分かってると思うんだけど、

でもどうしても気分が乗らないけどやらないこともある

そんな時はやるっていう選択をしたのは自分だと割り切ってやる

私はめちゃくちゃいい人だからやってあげてんだーすごいな私

のような意識かな。

自分に許可を与える

・結婚してよい

・可愛くなってよい

・お金持ちになって良い

・幸せになって良い

決めたことを許可していこう

なりたい自分にフォーカスし

いちいち自分に許可をしていきます。

 

今までは望んだとしても

・できるわけない。。

・私なんて。。

・そんなにうまくいくか。。

とネガティブに引っ張っていませんでしたか?

 

風の時代は軽やかに進むようになってる(よう)なので、

どうせなら望む自分、理想の自分に意識してるほうが

ネガティブになってるより全然良い意識になれますね。

潜在意識にもとっても良いことです♬

不安に集中しないこと。不安を増大させるようなことはやめよー

風の時代に入ったからって不安が100%なくなるわけではないよね。

ただ望まない何か起こってしまった時に、

不安ではなく明るい未来を想像してそちらに意識を持って行く癖をつける

風という時代が後押ししてくれるようです。

 

現実でなにか良くないことが起こったとしても、

『あわてるは無意味!あー起こったな。。さーてどうするかな』

と構えておくと不測の事態に精神を乱されることが少なくります。

 

いきなりアッパー食らうより

構えておいてダメージが少ないほうがいいいよね。

 

【深刻になっても深刻を増大させるだけで何もいいことってないんです】

切り替えられる自分になろう。

ルンルンを常に保てるようにね。

先取りして自分を祝う

やっぱり自分の意識が

成功してる望みが叶ったことにフォーカスいしてる

ってことになるからね。

ビール飲む次いでに、幸せになってる自分に乾杯しましょ。

風の時代はコミュニケーーションの時代

だから言葉が大切になってくる

  • 心配じゃなくて真剣
  • 深刻じゃなくて信頼
  • 不安じゃなくて安心

自分が望む方を意識して

ネガになってもすぐ起動修正して

望む方向にフォーカスしていく癖づける。

発する言霊もネガティブワード言いそうになることもあるね。

でも

常にポジティブに変換していくことです。

 

【なぜなら意識してることが現実になるから!】

風のように軽やかに前に進みましょう

・後悔はしない

・反省はいい

後悔は後ろ向きです。

反省してダメだった原因みつけたら次はこうしよう

とやはり明るい未来に意識を持って行けるように。

 

何か問題があっても、嫌な事があったとしても

『最高の自分はどんな視点で見て感じるだろうか』と

自分の視点を最高の自分が見ている視点に立ってみる。

風の時代の意識 まとめ

いかがでしたか?

自分軸や理想の自分なんてことも

地の時代から言われてることではありましたが、

なかなか障害が強く難しかった時代なのかもしれません。

 

風の時代の後押しを取り入れて

軽やかに望む自分を手に入れましょう。

これが風の時代

・苦手なことはない

・やりたいことをやる

・不安を増大させない

・理想の自分を常に意識

 

私の実感的に、

地の時代の考えを押し付けてくる人って残念ながらまだまだいます。

(〇〇しなければならない・上から目線・など)

そんな人の思考・発言に対して

大きく違和感を感じるようになっています。

二極化ということでしょうか。

そんな人に対しては

・距離を置くか相手にしないこと。

・なめられないようにはっきり言うこと

です。

 

今回は以上です。

軽やかに進む自分になりましょう。